サーモフェーズ®は、人が眠りにつくのに適した32±1℃へみずから温度調節してくれる、まったく新しい素材です。

MENU

02暑い日も寒い日も、最適な温度に調整。

吸熱・放熱を繰り返し
ちょうどいい温度にコントロール。

吸熱・放熱を繰り返しちょうどいい温度にコントロール。

人がちょうどいいと感じる32±1℃へ。サーモフェーズ®は、温度をみずからコントロールするまったく新しい素材です。その秘密は、温度が低い時には熱を吸収し、高い時には熱を放散する独自の温度調節機能。表面に無数に並んだPCMマイクロカプセル※があらかじめ設計された温度と周囲の温度に差があると、吸熱または放熱を行って温度変化を緩やかにします。そうすることで、夏は涼しく、冬は温かく過ごしたいという願いをこれひとつで叶えてくれるのです。 しかもサーモフェーズ®のPCMマイクロカプセル※の量は、一般的なPCM生地の3倍以上。つまり、それだけ温度調節機能の効果が高いといえます。
※ PCMとは「Phase Change Material」の略語で、相転移材料のことをいいます。外部の熱の作用により、個体⇔液体間の可逆的な相変化(相転移)を繰り返し、個体状態のものが融解する際に熱を吸収し、液体状態のものが凝固する際、吸収した熱を放出します。

マットレス体験者も納得。
1年を通じて快適をサポート。

マットレス体験者も納得。1年を通じて快適をサポート。

サーモフェーズ®が、就寝時にどのような効果を発揮するのかを検証するため、マットレスに加工した場合の体験調査※を行いました。その結果、体験者からは気温が高くなる8月には「蒸れが少なく温度もちょうどいい」、逆に冬の厳しい12月には「温かさが保たれたままで寒さは感じませんでした」といった意見が寄せられました。このように、サーモフェーズ®は季節によって気温が変化しても、1年を通じて快適をサポートします。
※自社調べ(2016年12月~2017年11月)

サーモフェーズ®を中材としたマットレスを使用した体験者の感想

「蒸れが少なく温度もちょうどいい」(40代・女性)
「もっと暑く感じるのかなと思いましたが、暑くもなく、寒くもなくいいぐらい」(20代・男性)

「朝まで熟睡状態が続いております」(20代・男性)
「かなり寒い日が続きましたが、布団に入ったときのひんやり感があまりなく、快適」(40代・女性)